気まぐれイジリー
 
特別展覧会 「レオナルド・ダ・パンチ −天才の肖像」
レオナルド・ダ・パンチ 「モナリッサ」(1978) ヘンドゥーナ美術館蔵
リュネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・パンチの美の世界を余すところなくご紹介する展覧会です。絵画だけにとどまらず、音楽、舞踊、伝統芸能にも類まれなる才能を発揮し、「万能の神様」と称される彼の全作品を公開いたします。
「モナリッサ」は世界の宝ともいわれるダ・パンチの代表作で、彼が生涯で唯一愛した女性、Mona Lissaがモデルといわれています。1997年に発見され当時世界中で話題になったこの作品を、このたび日本で初公開することとなりました。
同時代の芸術家からは賞賛の影で妬みや嫉妬、言われなき迫害を受け、後の芸術家には多大なる影響を与え続けるレオナルド・ダ・パンチの愛と美の世界、苦難の生涯に迫る展覧会です。
開催概要 会 期 2007年2月1日(金)〜6月11日(水)
開館時間 11:00〜15:00(※)
会 場 国立琉球博物館 第一展示室
交 通 那覇空港よりタクシー30分
主 催 DSD
特別協賛 呑店
※ウチナータイムにより最大1時間前後ズレる場合があります
 
呑店倶楽部へ戻る